鷺沼古墳

6世紀後半ごろから6世紀末ごろに造られたことが分かっており、
A号墳とB号墳の2基があります。A号墳は6世紀後半ごろに造られ、
全長約25mの前方後円墳で周囲には溝(周溝)をめぐらせてあります。

これまでに主として周溝(しゅうこう)の発掘が行われ、人物埴輪、馬などの
埴輪、円筒(えんとう)埴輪など多数の埴輪の細片が発見されました。

B号墳は6世紀末ごろに造られたA号墳よりやや小さめの前方後円墳で、
長さ約2m、幅は約80㎝の箱式石棺(せっかん)が見つかっています。
石材は房州産の凝灰(ぎょうかい)質砂岩と凝灰岩が使用されていて、
中から人骨片と直刀・鍔(つば)など鉄製品の断片が出土しました。

鷺沼古墳

  • 画像リンク

    Style 前原西9期(4丁目)

  • 画像リンク

    TERRACE海神3期3号棟

  • 画像リンク

    リーブルガーデン 幕張町1丁目(2期)

  • 画像リンク

    真砂1丁目新築 ワンランク上の装備!

  • 画像リンク

    松が丘 建築条件無し土地

  • 画像リンク
  • 画像リンク

    リーブルガーデン八千代台

  • 画像リンク

    リーブルガーデン金杉

  • 画像リンク

    リーブルガーデン塚田3期

  • 画像リンク

    リーブルガーデン新高根3丁目